主催講座

◆2017年3月5日(日)午後2時~4時「加害者対策~その必要性と効果」

   講師 イダ ヒロユキさん

   会場 長崎市図書館メモリアルホール(長崎市興善町)

  被害者の安全のために、加害者が暴力を振るわなくなることが必要です。

  関西で加害者プログラムを実施しているイダヒロユキさんを招いて、日ごろの実践の中から、加害者が変わる可能性について、

  事例を交えてお話しいただきます。  

  この講座は、長崎県ボランティア振興基金の助成によって開催します。(参加費無料)

  

  参加希望の方は、メール、ファックスで2月24日までにお申し込みください。

  FAX095-832-8488 dv_greentomato@yahoo.co.jp 

 

  講師紹介 伊田広行(イダヒロユキ)さん (DV加害者プログラム・NOVO(ノボ)運営者、神戸大学・立命館大学非常勤講師) 

  大学でジェンダー論等を担当するかたわら、各地でDV/デートDV(ストーカー)防止教育をしている。また、大阪でDV加害者教育プログ

  ラム(NOVO)を運営している。その他に自殺相談、労働相談、貧困相談、男性相談などを行っている。

  近年の著作:『デートDV・ストーカー対策のネクストステージ――被害者支援/加害者対応のコツとポイント』(解放出版社、20152

  月)、『デートDV/ストーカー蔓延の実態と背景――― ストップ!デートDV 2』 (電子書籍、Kindle版、アマゾン、2015年4

  月)、『閉塞社会の秘密──主流秩序の囚われ』(アットワークス、20154月)、『続 デートDV・ストーカー対策のネクストステージ』

 (DV電子書籍NO.2Kindle版、アマゾン、2015年5月)、『超リアルなストーカー対処策を考える――ストーカーに対処するために知っておい

  たほうがいい、恋愛・別れの考え方と制度と法律の使い方』(電子書籍 Kindle版、アマゾン、20156月)、『主流秩序にいかに向かうか 

  ―――学生たちの実態と本音、そして少しの突破』(1)(2)(3)(2016年電子書籍)など。